teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


もちろん、人のすねをこすることだよー

 投稿者:すねこすり  投稿日:2011年 8月22日(月)14時04分7秒
返信・引用
  名前:すねこすり
年齢:人型の外見年齢/15歳 実年齢/10歳
妖種:すねこすり
容姿(獣型):犬と猫を足して2で割ったような姿。具体的には、耳と体が犬、頭と手足と尻尾が猫のもの。大きさは中型犬ぐらい。被毛は灰褐色で短毛。瞳は榛色。
容姿(人型):身長167cmの中肉中背。灰褐色の短髪をオールバック気味に後ろへ撫でつけており、榛色の瞳はやや猫目。白縞の七分袖甚平を着ており、常に裸足。首には黒革の首輪が填められている。
性格:自分さえ良ければそれで良い、やりたいことだけやる。など、思考がかなり獣寄り。常に自分の価値観に従って行動しており、行動や言動を強制されたり束縛されることを嫌う。好奇心旺盛なため、興味のあることには尽力を惜しまないが、興味のないことにはとことん無関心。
備考:ヒトの脛を擦ることをこよなく愛するが、主の力によって館に縛り付けられているため、許しが無い限り敷地内から出ることができないのが不満。首輪は主との契約の証であり、自分の意志では外すことができない。
館に来た経緯:田舎の山中でのんびり暮らしていたところ、突然現れた妖にいきなり半殺しにされ、そのまま有無を言わさず従者とさせられた。その上強制的に館に縛られてしまったため、主に対してあまり良い感情を持っていない。
 
 

そうですね…庭の手入れをすることでしょうか

 投稿者:リュカ  投稿日:2011年 8月22日(月)14時02分8秒
返信・引用 編集済
  名前:リュカ
年齢:外見年齢/20代半ばくらい 実年齢/500歳前後
妖種:館の付喪神
容姿:身長178cmの細身で色白の体に白シャツとダークブラウンの燕尾服を着込み、首元にはワインレッドのアスコットタイを緩く結ぶ。靴はダークブラウンの革靴。髪は癖のない銀髪で、腰ほどまでの長さのあるそれを首の後ろで括っている。前髪は目に掛からない程度。シーグリーンの瞳はやや細めで垂れ気味。左耳には青い生花を閉じ込めた水晶のピアスを垂らしている。
性格:常の敬語は、物腰が柔らかいか、慇懃無礼か、大抵どちらかに評価が分かれる。他者と接することが好きだが、深く付き合うことに慣れていないため、意識してある程度の距離を保とうとする節がある。付喪神なので館から離れて活動できないため、やや世間知らず。
備考:館の化身。あくまで本体は館だが、精神体である人の姿も存在の要であるため、どちらかが傷つけばもう片方も傷つくことになる。名前は、かつて住んでいた人間たちの姓が「リュケイオン」だったため、そこから取った。
館を造った経緯:元はヨーロッパの片田舎で没落貴族が暮らす館だったが、住人たちが流行り病で全滅し、存在価値を失って消滅しかかっていたところを主に救われた。そのため主に心酔しており、東の島国への移築や館内部の大幅な改装、移住者の受け入れなどの無茶な要求もあっさり了承した。
 

NPCたち

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 8月22日(月)13時58分34秒
返信・引用 編集済
  管理人がイベント時などに動かすNPC達です。基本的にトピでキャラとして動くことはありません。


名前:主様(ぬしさま)
妖種:魔族( の化身)
性格:退屈を嫌う割に面倒ごとも嫌いな、我が儘な自己中。気まぐれで自堕落。極度の女嫌い。
館を造った経緯:魔界からの依頼を受けた後、西の島国で朽ち果てかけていた荒れ屋敷に目を止め、魔力で修復して命を繋いだ。その後、東の島国で山を2つ3つ購入して屋敷を移築させ、近くに住んでいた妖を叩きのめして使役とし、守役として括りつける。屋敷の運営などは全てその2体に任せ、自分はそれを遠くから眺めている状態。

名前:影(かげ)
妖種:最下級の妖
容姿:闇そのものが形を成したような姿をしている。大別すると3種類の外見の者がおり、それぞれ、ヒト・蜘蛛・蝙蝠の姿を模したような形である。
性格:知能は低いものの、ある程度の自我はある。言葉は喋れないが理解はしているので、屋敷の者の命令には従順に動く。
備考:屋敷全体で30以上の『影』が存在している。「この館のために働き、この館に住む者の名を受ければ受けるほど、力を与えよう」という契約を主と結んでいるため、かなり勤勉。
館に来た経緯:自らの力だけでは存在を保てないほど脆弱なので、力の恩恵と庇護を求めて屋敷へ集まってきた。

名前:先住民たち
妖種:ゴブリン、コボルト、一つ目小僧、唐傘お化け、あかなめ、尻目、などなど
備考:館を構えてから今までに住みついた妖たち。いわゆるモブキャラ。大抵バラバラに行動しているため正確な数を把握するのは難しいが、約10体ほどが居ると思われる。
館に来た経緯:理由は様々だが、大体が人の世に見切りをつけた者たち。人間に対してあまり好意的ではない者が殆ど。


※『影』や先住民たちは、NPCとしてロルなどで自由に動かしてくださって結構です。
 

レンタル掲示板
/1